株主優待を上手く使ってみよう! 株主優待券を上手に使ってお得に楽しんでいる人のイラスト画像

株主優待を知っていて優待に引かれたから「ここの株を買ったんだ!」という方もいらっしゃると思います。株主優待にどのようなものがあるか知っていますか?株主優待の贈り物って実は様々あるんですよ!

資産として扱われる貴金属やジュエリー、ダイヤの現状とは?

地球上の天然鉱物の中で最も硬い物質と言われるダイヤモンドは、一般的には、その硬さを揺るがない愛になぞらえて婚約指輪に用いられます。
指輪以外でもさまざまな宝飾品に使われていて、金・プラチナといった貴金属と同様に資産価値がとても高いことで知られています。
ダイヤは通貨制度が存在しなかった古い時代で物々交換の代替品として使われ始め、そこから現代の資産価値へと結びつき、財産の一つとしての地位を獲得しました。
他の宝石も資産として優れていますが、人の好みや流行りに左右されないダイヤはその中でも不動の資産価値があると言えます。
ダイヤの資産価値の現状は、4Cと呼ばれる品質基準によって決められています。
カラット、カラー、クラリティ、カットの頭文字を取って4Cというわけですが、これらを定めた鑑定書がつくことでさらにその価値が上がります。
入手先・カッティング元がはっきりしていることで、その正当性が信頼度になります。
また、それをあしらったジュエリー自体には資産価値があまりありません。
ダイヤを中心にしたデザインの宝飾品となれば資産価値は高くなります。
結婚指輪など小さめのダイヤでそのジュエリーのデザインを引き立てているような場合には、記念品という位置づけになり資産価値も高いとは言えなくなります。
子どもが将来困った時のためにと考えてダイヤの指輪を持たせる場合、5カラット以上もしくは同等のスペックを持つ個体にしておきましょう。
婚約指輪を代々受け継いでいくという時には、石を活かしてデザインを変えるというリメイクをすることで指輪に込められた想い出も含めて、違った観点での価値が上がることになります。
リメイクはしても、ダイヤ1粒には世代で受け継がれた大切な想いが残っています。

また、資産として考えた場合には、ノーブランドよりブランドのジュエリーのほうが高い金額で買取してもらいやすい傾向にあります。
世の中にはさまざまなジュエリーブランドが存在し、各々が持つ歴史・考え方を含めてファンが支持していくというメカニズムになっています。
ブランド品の資産価値は、そういった人々のイメージ・思想の変化にも大きく影響されるものとも言えますので、宝飾品としての価値とブランドの持つ価値が相乗効果となり、さらに自らの資産価値を上げていくことになります。
買取してもらうことを意識した投資可能なものという観点において、人気ブランドでも流行りのデザインジュエリーであれば持っていて損は無いと言えるでしょう。
ダイヤの運用について、カラット(重さ)が優れているものを選ぶことがポイントだと言われるのには理由があります。
それは買取してもらう時の金額に、カラットが大きく影響します。
価格的にもそれほど多く所持することが難しいですので、なるべく買取してもらえる確率が高い個体を選ぶことが大切になります。
また、中でも希少価値のある個体を選ぶことも覚えておきたいポイントになります。
人気の高いカラーダイヤモンドもその一つで、産出量が大変低いことで知られています。
これに4Cの一つであるクラリティ(透明度)として内包物が無ければ、さらに希少価値が上がることになります。
宝石の保管を適切に行うことも、投資を見据えた場合にはとても大事になります。
ダイヤは天然石の中で最強の硬さを誇り傷が付きにくく、変色もしにくいという特徴がありますが、自然のものに絶対はありません。
やはり直射日光や湿気など分かりやすい刺激からは遠ざけて保管するのが賢明でしょう。
ダイヤモンドは貴金属の金・プラチナなどと比較しても長期間の保存に強いですので、その資産価値を残すためにも適切な保管をすることが大切になります。