株主優待を上手く使ってみよう! 株主優待券を上手に使ってお得に楽しんでいる人のイラスト画像

株主優待を上手く使ってみよう!

株主優待を知っていて優待に引かれたから「ここの株を買ったんだ!」という方もいらっしゃると思います。株主優待にどのようなものがあるか知っていますか?株主優待の贈り物って実は様々あるんですよ!

株を買う前に株主優待があるかないかを確認する

現在ではインターネットによる取引が可能になったこともあって株式投資に参加するという人は増えています。今後の生活を考えた資産運用というのは積極的に行うべきですし、また経済としても投資家が増えればそれだけ円滑に回転するようになりますから、こういったことは非常に良いことだと言えるでしょう。ただ株式市場に参入するにあたって必ずチェックしておきたいのが「株主優待」の存在です。
株主優待とは事前に規定された日に、事前に規定された量以上の株式を保有している人に対して行われる企業による優待サービスのことです。例えば外食産業の会社の場合は系列店で使えるお食事券、航空会社の場合は航空券の割引に使える優待券といったものが渡される機会が多いのですが、この優待制度はかなり重要な意味があります。その意味としてまず一つ目となるのが「通常の配当に加えて利益が得られる」ということです。お食事券や優待券をそのまま使うということであれば本来自分が支払うはずだった分を肩代わりしてもらえるという間接的な利益に繋がりますし、そうした優待券を金券ショップに売れば現金に換えることも可能です。全体的な利回りとしてはそこまで魅力的なわけではないが、優待を含めてみると極めて優れているということはよくあることですから、総合判断の一つとして加えるのは重要であると言えます。次に「株主優待が絡む値動きがある」ということです。先ほどこの優待を受けられる条件として規定された日に規定された量を持つことが必要と述べましたが、これは例えば「あと100株あれば優待が得られる」といった投資家にとって価値が高くなることに繋がります。逆に権利が確定した後であればもう要らないという投資家もいますから、確定日以降になると価格は下がりやすくなるでしょう。こうした動きを知っていると少し有利に株式市場に参加できますから必ずチェックして下さい。

▼株主優待のおすすめランキングを掲載しています
株主優待 おすすめ
▼投資信託のメリット・デメリットを知りましょう
投資信託解約のススメ